当法人について


ご挨拶

 

顔が気になる日は心が暗い。心が暗いと体が辛い…。

これは「顔と心と体」が繋がっているから。

 

このことは、幼少期、冬になると顔が真っ赤になることで悩んでいた私自身の経験から得られたことです。

 

傷のあるなしにかかわらず、外観の悩みは当事者でなければ理解しがたいものです。メイクの専門家だけでなく、医師・福祉・教育など多方面の有識者を交え、共に考えることで、外観に悩みを抱える方々の精神的・社会的自立を手助けしたいと考えています。

 

それぞれの立場の垣根を越えて、深く”外観“について追求していきませんか。

 

理事長 内田 嘉壽子(かづきれいこ)

 

【理事長かづきれいこについて】

事業目的:定款第3条より

・化粧が与える効果を医学的・学術的に検証するために調査研究を行う。

・学術分野における化粧の地位向上を図る。

・顔と心と体のつながりを多方面(医療・福祉・教育)から考え、それを広く一般の者に普及啓発する。

以上によって外観に関して悩みをもつ方々の支援することを通し、社会福祉の増進・豊かな人間性の涵養に寄与する。

発足経緯

2000年 7月 「顔と心と体」研究会発足
2002年 11月 東京都よりNPO法人「顔と心と体研究会」認可
2004年 7月 内閣府の認定を取得し、NPO法人「フェイシャルセラピスト協会」へ移行
2012年 4月 公益社団法人化を目指し「一般社団法人リハビリメイク.協会」設立
2014年 10月 内閣総理大臣より公益認定を受け、「公益社団法人顔と心と体研究会」として事業を発足。

 

 

事業内容

「顔と心と体」のつながりに関する調査研究・普及啓発事業をおこなっています

  • 調査研究事業(メイクボランティア・メイク講座等を通じ化粧の与える効果について調査研究)
  • 普及啓発事業(公開講座・シンポジウムの開催)
  • 情報誌等発行事業(ホームページ・会報誌「顔と心と体」等による情報の発信)

事務局

住所    〒160-0017 東京都新宿区左門町3-1左門イレブンビル4階

受付時間  月〜金(土日祝定休)9:30〜18:00
 

TEL 03-3350-1035

FAX 03-3350-0176

 

アクセス

東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅徒歩1分
東京メトロ都営新宿線「曙橋」駅徒歩5分
JR「四谷」駅徒歩10分

TOPへ戻る

Cookie ポリシー
Copyright (C)2018 公益社団法人 顔と心と体研究会.協会 All Rights Reserved.